「インフルエンザ」と「かぜ」


インフルエンザは広義にはかぜ症候群に含まれますが、インフルエンザ以外のかぜ(普通感冒)とは区別して対処する必要があります。
インフルエンザの特徴と、同じく呼吸器感染症である普通感冒とのちがいを症状の観点から簡単にまとめます。

 インフルエンザとは・・ かぜとは・・


一般的な症状(例外もあり!) ※1
インフルエンザかぜ
症状 ※2
高熱38〜40℃、3〜4日続く発熱ひどくない
顕著頭痛ひどくない
あり全身の痛みわずか
2〜3週間続くことあり疲労感軽度
はやい時期から顕著極度の消耗なし
ときどき鼻閉一般的
ときどきくしゃみ普通あり
ときどき咽頭痛一般的
一般的
重症化する可能性あり
胸部の不快感
空せき
軽度から中等度
合併症
時に致命的 ※3
予防
ワクチン特になし
治療
抗インフルエンザウイルス剤
アマンタジン、ザナミピル、オセルタミピル
対症療法

※1 Is it a cold or flu?The National Institute of Allergy and lnfectious Diseasesより引用
※2 出典によって詳細が異なることがある。悪寒、高熱と筋肉痛、倦怠感などの全身症状は、インフルエンザの特徴。
※3 重篤な合併症にはインフルエンザ肺炎、インフルエンザ脳炎・脳症、ライ症候群、ギランバレー症候群、インフルエンザ心筋炎、インフルエンザ筋炎、黄紋筋融解症がある。

インフルエンザは従来、確定診断されないことが多く、報告は必ずしも実態と一致しないという問題があった。近年は迅速診断が可能な検査キットが発売され、抗インフルエンザウイルス薬の開発とともに、有用性が期待される。
インフルエンザにかかったと思ったら単なるかぜと軽く考えずに医師の診察をうけることが望ましい。

冬 「かぜ」&「インフルエンザ」から身を守る・・・生活術
冬 「かぜ」&「インフルエンザ」から身を守る・・・栄養術
 
ダグラスラボラトリーズ
薬剤師 求人 求職